パサート(PASSAT) バリアント(VARIANT)

スポンサードリンク
パサート(PASSAT)セダンのフロントマスクや基本デザインコンセプトをそのままに、ステーションワゴンにしたのがパサート バリアント(VARIANT)。

”VARIANT”というのは英語で”別の””異なる””相違する”という意味ですが、その名の通りセダンとは使い勝手の異なる、セダンとは一線を画した「パサート特別版」に仕上がっています。

当然ながらリアシートは可倒式で、荷室を含むリアスペースは十分な広さを確保。セダンのラゲッジスペースでは物足りないと感じる、ロングツーリングに余暇を過ごされる方にピッタリの車と言って良いでしょう。

言うまでもなく走行性能に関しても、しっかりとした手ごたえのハンドリングと、程よい硬さのサスペンションが上質で軽快なフットワークの走りを約束してくれます。

グレード設定はセダンと同様に、2.0L、2.0Lターボ、3.2Lに各々1車種の計3車種が設定され、価格はセダンから+16万の338万〜459万となっています。

【グレード設定 ※2007/9現在】

VARIANT 2.0(1,984cc 直4DOHC 150ps 6AT) ¥3,380,000
VARIANT 2.0T(1,984cc 直4DOHCターボ 200ps 6AT) ¥3,840,000
VARIANT V6 4EMOTION(3,168ccV6DOHC 250ps 6セミAT) ¥4,590,000

パサート(PASSAT) セダン

スポンサードリンク
日本市場でのフォルクスワーゲンのフラッグシップとして、存在感のある高級サルーンとも言うべき車種がパサート(PASSAT) セダンです。

ビッグサルーンと形容しても良い堂々たる車格を持ち、登場から6代目に当たる現行型のパサートは、ヨーロッパでのこのクラスの市場を席捲するベストセラーになっています。日本でも、その人気は言うまでもありませんね。

登場当初からの成り立ちでアウディとの共通部品を多用していた先代までとは異なり、自社開発であるゴルフ(GOLF)やジェッタ(JETTA)と基本的な部品を共用しながら、専用の仕立てになっているのが、このパサートの特徴になっています。

室内の広さは当然ながら十分に確保され、リアシートが可倒式になっていることで利便性が高いのもポイントのひとつ。インテリアもモダンで質の高い仕立てとなっているのが特徴です。

価格はお手頃で、ドイツ車らしい性能とコンポーネントを備えた”味”を楽しむには、まさに最適の一台と言えます。

【グレード設定 ※2007/9現在】

2.0(1,984cc 直4DOHC 150ps 6AT) ¥3,220,000
2.0T(1,984cc 直4DOHCターボ 200ps 6AT) ¥3,680,000
V6 4EMOTION(3,168ccV6DOHC 250ps 6セミAT) ¥4,430,000
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。