パサート(PASSAT) 4代目・5代目で新時代へ!

スポンサードリンク
流麗にフラッシュ・サーフェース化されたフロントマスクとボディがそれまでのモデルとは一線を画す形で好評を得た3代目の後、GOLF(ゴルフ)でも搭載された新開発のVR6エンジンを搭載して登場したのが、1994年から日本でも発売された4代目のパサート。

新時代を目指すフォルクス・ワーゲンは各車種の足並みを揃えるべく、このパサートのグリルを一般的なグリルに戻し、ある意味で刷新を図ろうとします。

そして、1997年には5代目が登場。フォルクス・ワーゲンはアウディの他にシュコダやセアトといった多様なメーカーを傘下にしていく中で、パサートをよりプレミアム性の高い車として位置づけました。

ベンツやBMWといった他ドイツ車のような高級感あふれる内外装を与えられ、上級志向を存分にアピールしたこの5代目パサートは、エンジンをフロントに横置きにするFFを基本に、4WDモデルはシンクロ(Synchro)を採用し、プレミアム・サルーンに相応しいドライブ感を実現。

ラインアップとしては、1.8L、1.8Lターボ、それに初登場の翌年である1998年に加わった2.8L V6に、セダンとステーションワゴンが設定がされ、幅広いユーザーに受け入れられています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。